ブログトップ

ほたてのほほほ

hotatenoho.exblog.jp

入院~①病院に行くまでの詳細~

 本日、ペッパーが入院しました。かなり長いですが、自戒の念と、もし同じようなことが他の方に起こったときの参考になることがあるかもと思い、詳細を残そうと思います。大馬鹿飼い主の対応の遅さは、大目に見てやってください。

~病院に行くまでの詳細~
 朝、いつもと同じように6時に鳴き出し、カバーをはずし放鳥したときは普段どおりでした。それが、9時ころ、頭をプルプル振りながら、吐き戻し、餌の粒を撒き散らす。これも、たまにあることなので、いつものことかと思い、気に留めていませんでした。ちょっと回数が多いなあと思ったけど、数日前に病院に行って相談して、菌はいないし、回数が少ないので様子を見ましょうといわれたところでした。元気だし、吐く割には餌や水を食べていました。私は、ペッパーを気にしつつも、掃除や洗濯をしていました。

 11時ころになって、今度は水を「ゲー」と吐く。びっくりしてじっくり見ていると、なんとなく元気がないような・・・というか、眠そうな感じ。

 こんな状況なのに、私は病院に連絡するか悩んでいました。横浜小鳥の病院まで、車だと30分なのですが、旦那がいないため、免許のない私は電車で行くしかない。そうなると、1時間。具合の悪いペッパーを長時間連れて行くのが不安だし、やっぱり数日前に見てもらったところなので、大丈夫なのではと考えたりもしました。

 そんな風に悩んでいると、11時半ころに、今度は、黄色い尿のような便のようなものをしました(その時は、下痢便かと思ったのですが、後で先生が言われるには、食べてないので、消化液が出ていたということでした)。いよいよ、おかしいと思って、診察時間を確認し、午後診があったので、そこで診てもらおうと思って、小鳥の病院に電話をしました。ところが、盆休み中で午後診は休み。診察も午前は11時45分に終了で間に合わない。しかも、翌日は休診日でした。「どうしよう」と思っていたら、できるだけ早く来てくれるなら診てくれるとのこと。慌てて、電車とタクシーに乗って、病院へ向かいました。
[PR]
by hohonohoho119 | 2010-08-11 14:57 | 病院関連
<< 入院~②原因~ 体重 >>