ブログトップ

ほたてのほほほ

hotatenoho.exblog.jp

ペッパーのごはん~ペレット編~

 今日は、最近のペッパーのご飯について書きます。現在、ペレットを3種類混ぜてあげています。なぜ、3種類も混ぜているかというと、最初、食べられるようになったペレットがズプリーヌのもの。粒が小さくてカリカリ食べられるのが良かったみたいです。それだけ与えていればよかったのですが、シードはいろんな種類を混ぜて食べるのだから、ペレットもいろいろ混ぜたほうがいいのではないかと、勝手に考えて、他のものも混ぜてみました。あと、シードの時は気にしなかったのに、ペレットはオーガニックや保存料なしなどナチュラルなものがいい気がして、できればトップオーガニックかハリソンにしようと思って混ぜています。

 どころが、3種類の中でペッパーが一番好きなのは、ズプリーヌ。やはり最初に口に馴染んだものがいいみたいです。その次がハリソン。トップオーガニックはあまり好きではありません。気づけば、いつも残っています。多分、モサモサしていて、食べてもカリカリとはしないのが、気にいらないようです。病院の先生に聞いたら、ペレットを与えるのは1種類でいいということだったので、3種類も混ぜる必要はないようです。

 さて、餌のあげ方ですが、①トップオーガニックペレット②ハリソン スーパーファイン③ズプリーヌ ナチュラルダイエットパラキートをそれぞれ小さじ1杯ずつ餌箱に入れます。そして、1日1回、味噌こしでふるって、粉を取り除いています。2~3日で、総入れ替えし、再び小さじ1杯ずつ餌箱へ入れています。

・・・あまり、参考にはなりませんが、こんな感じであげています。まだまだペレットを試行錯誤なので、途中経過でした。
b0170669_1141812.jpg


 
[PR]
# by hohonohoho119 | 2010-09-06 23:21 | 食べ物のこと

内弁慶のインコ

 ペッパーを連れて、出かけしました。実は、結構ペッパーを連れて出かけます。出かけても、たいがい車の中で留守番なので、大して家にいるのと変わりません。しかし、この暑さ。車の中は危険なので、ちょっとした散歩へ一緒に連れ出しました。湖畔にある山の散歩コース。湖の周りなので、風も冷たくて気持ちいい。そんな気持ちいい中にいるのに、ペッパーは超緊張。

 家にいると、鳥の鳴き声に敏感なペッパー。テレビや外の鳥の鳴き声にも反応して、大きな声で呼び鳴きします。ところが、鳥の鳴き声がしても、顔だけ向けて鳴かず。インコの飼育本には、外に連れ出すと興味を持ち出すようになると書いてあったけど、今のところ無理みたい。

 『今こそ、大声で呼び鳴きをするんだ、ペッパー!』と、飼い主は思うのに。
b0170669_23544374.jpg

[PR]
# by hohonohoho119 | 2010-08-30 22:38 | お出かけ

ペレットへの移行

 なんと!ペッパーがペレットを食べられるようになりました(祝)。病院の先生にも、長い目でがんばりましょうと言われて、私も長くかかることを覚悟していました。なので、あまりにあっけない移行に拍子抜け。ま、でも、よかってです。

 さて、ペレット移行の要因は、①預けている間にペレットをトライしてもらえていた②飼い主の旦那と私が怖いもの知らずだった③ペッパーの食い意地が張っていたの3点だと思います。

 ペッパーを預けていた間、病院でペレットを与えられていましたが、全く食べず。そのため、また強制給餌されていました。家に帰ったら、強制給餌というわけにはいかないので、再びキビ抜き分づきの特製シードとペレットの混合でいく予定でした。ところが、怖いもの知らずの私たち飼い主は、「せっかく数日間はシードを食べずにいたのに、シードを食べさせて、またシード大好きにするのはもったいないよね」ということになり、1日だけペレットオンリーでいってみることにしました。そうしたら、これまでのペレット嫌いがうそのようにムシャムシャ食べる食べる!

 実は、ペッパーは、とても食い意地が張っているんです。普段から、好物を盗み食いしたり、時には、人間のご飯をくわえたまま飛んで逃げるというサルみたいなことまでします。食べる量も体が小さいのに、先代セキセイの2倍は食べます。きっと、ペッパーは空腹とペレットを食べることを天秤にかけて、空腹に耐えられなかったのだと思います。怖いもの知らずの飼い主と、食い意地の張ったインコという組み合わせが、吉と出たのかもしれません。

 ペレットも好き嫌いがあるので、これから、いろんな種類を食べてもらえるように工夫しなければいけなませんが、ひとまず、ホッ・・・です。そして、本当に横浜小鳥の病院には感謝感謝です。

 画像は、なんとかペレットを食べさせようとしている頃のもの。ペレットに水を加えて団子にし、そこに好物のオートミールを混ぜ込んだ、ペレット団子なるものを強引に食べさせている様子です。ペレット団子は徒労に終わり、冷蔵庫の中に、たくさんのペレット団子が残ってしまいましたが、結果オーライ、よかった、よかった。
(注意:病院では、ペレットオンリーは危険なのでしないように言われているので、私たちとペッパーのペレット移行は参考程度にお願いします)
b0170669_1874637.jpg
 
[PR]
# by hohonohoho119 | 2010-08-22 23:40 | 食べ物のこと

帰ってきました

 ペッパーが病院のお預かりから帰ってきました。

 かご嫌いのペッパーが、数日とはいえ、病院のかごにずっと入っているのはストレスだろうから、きっと暴れてスタッフや先生に迷惑をかけていることだろうと心配していました。が、聞いてみたら、処置をおとなしく受け、かごの中でご機嫌におしゃべりし、おりこうに過ごしていたとのこと。それを聞いて、絶句する私。家では怪獣なのに・・・。

 もしかして、気を使って言ってくれているのかな~と思ったけれど、ペッパーは基本的に内弁慶な性格なので、猫をかぶっていたということは大いに有り得る。とにかく、元気に帰ってきてくれてよかったです。
b0170669_187749.jpg



 
[PR]
# by hohonohoho119 | 2010-08-22 17:49 | 病院関連

今日から預けます

 今日の夕方から、ペッパーは横浜小鳥の病院にお預けです。明日から旦那の実家がある福岡に帰省します。本当は、一緒に連れて帰りたいけれど、はなから連れて来ないことを前提にしている義理の両親に「連れて行きます」と言えず・・・。「ペッパー、ごめんね」と言いつつ、連れて行ってきました。

 事前に電話でお預けに持っていくものを聞いたら、「いつも食べている餌」と(多分)事務員さんに言われたので、朝からセッセとペッパー用の『キビ抜き、すり潰しシード』を作りました。5時間ほどかけて、預けている間のシードを作成。気づけば、連れて行く約束の時間になってしまい、慌ててペッパーを連れて行きました。ところが、先生からは餌は病院のものを与えると言われてしまい、ガーン。私の頑張りって、いったい・・・(涙)。「事務員さん、ちゃんと確認しておくれ~」と、ちょっと恨めしく思いつつ、でも、病み上がりのペッパーなので病院で担当の先生が体重を測ったり体調を見てくれたので、安心して預けることができました。

 ただ、ショックだったのは、ウ〇チ。私は、大丈夫だと思っていたけど、先生に見せたら、まだ少し未消化便だと言われてしまいました。苦労して作っている特製のシードでもダメなのか・・・。ペレットは相変わらずダメだし、どうしていったらいいのだろう・・・。しかも、私のウ〇チチェックは甘かった・・・と、ちょっと落ち込んでしまいました。

 画像は、予約時間まで時間があったので、車の中で待っているときのもの。まさか、病院に預けられるとはつゆ知らず、まったり毛づくろいなんてしてます。が、この後、恐怖の泣き叫びをすることになります。入院中の強制給餌が嫌だったみたいで、キャリーから病院の入れ物に移すのに、先生の手がキャリーの近くに来ただけで、逃げ回り絶叫。1週間たっても覚えているんだなあと感心しましたが、そんなにつらかったのね・・・としみじみ思いました。ごめんね、ペッパー。少しの間、頑張るんやで!
b0170669_23151560.jpg

※コメントの返信ができそうにないので、コメント欄はお休みします。
 いつも、コメントをありがとうございます。
[PR]
# by hohonohoho119 | 2010-08-19 23:20 | 病院関連