ブログトップ

ほたてのほほほ

hotatenoho.exblog.jp

<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

思ったことを書いてみました(長文です)

 またまた、長らく放置してしまいました。この間、体調を崩したり、精神的にまいったり、いろいろありましたが、今は元気です。ペッパーも元気です。

 みなさんも考えられていると思うのですが、うちもどうやってペッパーと避難するか・・・というのが課題です。恥ずかしながら、虫かごに入れて、リュックでかついで逃げよう。超緊急時には、ビニール袋か洋服袖にほりこんで逃げようと考えていました。そして、落ち着いた頃にかごを取りに帰ろうと考えていました。かなり浅はかです。他のブロガーさんは長期の避難生活を考えて、キャリーの購入をされているというのに・・・。普段はHOEIのアーチキャリーを使っているのですが、窓がガバッと開きすぎるので、避難生活には適しません。別のものを考えないと・・・。

 そして、肝心の避難所生活ですが、うちは災害時には近くの小学校に避難することになっています。区の災害センターに『避難所にペットを連れて行っていいのか』を尋ねてみました。回答は、ペットに関する決まりごとはなく、避難所にいる人たちとの話し合いとのことでした。そりゃ、そうですね。でも、そうなると、一緒に連れて行けない可能性も出てきます。そしたら、車?でも、夏場、車内はかなり高温となるので季節によりけりとなりそう。う~ん、考えれば考えるほど、悩んでしまいます。

 結局のところ、その時にならないと分からないということなのか。もちろん、そういう面もあるだろうけど、ふと、思います。そういうことを普段から地域で話し合うことはできないのかな・・・と。今回の震災は、たまたま東北と北関東であったけれど、私が住む場所もいつ何が起こるかわからない。しかも、原発の問題が解決していないし、どこで何があってもおかしくないような気がします。緊急時に慌てるのでなく、今話し合えるときに話し合っておくというのが大切なのではないかと、思います。

 が、私の住む地域も、特別連携が取れているわけではなく、どうやって地域の方たちと話し合うのかすらわかりません。でも、地域の鳥飼いさん、他のペットを飼っている人たち、そして、ペットを飼っていない方たちと話し合いたいです。他の地域でも、災害時にペットをどうするかということが話し合われていて欲しいなと思います。

 なんだか、とっても飛躍した意見となってしまいましたが、今回のことで思ったことを書いてみました。被災したペットたちのことが心配ですが、登録した動物の一時預かり(うちは社宅なのでインコのみなのですが)については連絡がありません。避難所で飼い主さんと元気に暮らせていることを祈るばかりです。
b0170669_1824283.jpg

[PR]
by hohonohoho119 | 2011-03-30 18:25 | その他

地震

 ブログ・ブログと思いながら、かなりの時間放置していました。お久しぶりのブログで、地震のことです。

 うちも結構揺れました。「揺れた・・・」と思った瞬間、電気がバッと全部消えました。揺れの大きさも怖かったですが、揺れている時間が長くそれに驚きました。

 ちょうどペッパーを放鳥していました。物や棚の本がバタバタ倒れて、それに驚いて大きく鳴きながら全速力で飛び回りパニックになっていました。なんとか、逃げ回るペッパーを掴んでかごに入れたのですが、その後は固まって動かず鳴かずとなりました。

 実は、その後の余震と停電の中で、マンションの方たちと電気が通っているところ(隣町のファミレス)へ避難することになりました。さすがにペッパーを連れて行けず、家に置いていきました。夜には戻ってきたのですが、相変わらずの停電で、ペッパーと懐中電灯の光の中でじっとするしかありませんでした。その頃には、ペッパーはかごの中で、ガチャガチャ動いて鳴いたりしていました。

 翌日には電気とガスが復旧し、旦那も歩いて何とか帰ってきて一応は普段どおりとなりましたが、ペッパーは私と旦那にベッタリくっついて離れず。今日になり、やっといつものペッパーという感じです。

 ペッパーも随分と怖い思いを下だろうと思います。私が避難している間、ペッパーを一人ぼっちにして申し訳なかったと思いつつ、どうすればよかったのか・・・。車の中に入れておこうか、外の方がいいか、ハーネスがつけられたら連れ出せるのかなあ・・・・・・とパニックになっている頭で考えていました(思えば、外の方が危険ですね)。結局、玄関近くの内に置いていました。とりあえず、今は倉庫に入れていた虫かごを持ってきて、いつでもペッパーを連れ出せるようにしています。 

 とりとめもなく書いてみたものの、何の参考になりませんね・・・(汗)。

 日に日に、状況が少しずつでも明らかになるにつれ、本当にすごかったのだと改めて驚いています。被災者の方たちのことを思うと胸が痛み、適切な言葉が見つかりませんが、どうかどうかこれ以上の被害が出るようなことがありませんようにと願うばかりです。
[PR]
by hohonohoho119 | 2011-03-13 14:43 | その他